注目キーワード
  1. 機械学習
  2. プログラミング
  3. 副業
NO IMAGE

【初心者必見】ライター未経験者が月収20万円稼ぎ続けるための勉強法を徹底解説

「Webライターになりたいけど、なんとなく難しそう」「今までに記事を書いた経験なんて無いし…」「未経験者が簡単に稼げる訳ない!」と思っている方、とても共感できます。実際に、私も始める前はそう思っていました。

 

しかし、ライター未経験者が月収20万円稼ぎ続けることは可能です。

 

始める直前の『ライター未経験』かつ『職歴なし』で不安だった過去の私に伝えたい「0からライティングを始めて月収20万円稼ぐ方法」を初心者の皆さんに教えます。

 

0からライティングを始めて月収20万円稼ぐ方法、、、

それは、、、

「とにかく案件をやりつつスキルアップを目指す!!」

 

これから未経験から月収20万円までの道のりを解説したいと思います。

 

Webライターの勉強法はどんどん実戦でライティングするべし

まずは仕事を1件やってみましょう。

 

なぜなら、Webライターを『始めるにあたって必要なものは無い』からです。

 

大事なことなのでもう一度言います。Webライターを始めるのに必要なものはありません。

事前に勉強する必要もありません。実践から得られることの方が多いです。

 

ランサーズやクラウドワークスに登録してライティングの案件を探してみましょう。

単価の高いものから低いもの、そして初心者OKの案件もあると思います。

 

最初は文字単価0.5円〜1円の案件に応募してみることをおすすめします。

 

単価の高い案件は競争率が高いので、実績の少ないうちは1円以下のものにすると選ばれやす。

しかし、極端に単価の低い案件は親切じゃないクライアントに当たる可能性も高いのです。

 

中には「初心者OK」などと表記された案件もあるので、そういう案件には積極的に応募しましょう。

 

最初は低収入でOK

ライティングを始めてすぐの頃は収入が少なくてがっかりするかもしれません。

文字単価0.5円3,000字の案件を一日かけてやっても1,500円…なんてことも。

 

でも大丈夫、最初は誰しも低いものです。

経験を積み、実績を増やし、腕を磨くことで絶対に収入は増えます。

 

冒頭で述べたようにWebライターはとても敷居の低い仕事なので、新規参入する人も多く技量の低いライターもたくさんいます。

 

そうした中で、ライターとして少しでも成長することは周りと差をつけることに繋がるので、収入にも大きく影響するでしょう。

 

高収入ライターになるためには

 

高い収入を得るためには受け持つ案件の単価を上げていくことが必須条件。

初心者と上級者で一日に執筆できる文字数に大きな差が無いことも。

大きく違うのは単価です。高収入ライターは同じ文字数で初心者ライターの何倍もの報酬を得ています。

 

では単価を上げるにはどうしたらいいでしょうか。

それは、自分自身の、ライターとしての価値を高めることです。

 

方法はたくさんありますが、最初に考えるのは文章力の基礎。

 

基礎を固めることで効果的に成長できます。

 

まずは正しく読みやすい文章を目指しましょう。

 

長期継続の案件を獲得することも大切です。

常に案件を受け持っているということは、安定して収入が得られ高収入に繋がります。

 

他にも、スムーズに執筆に取り掛かることができ時間短縮に繋がるなど、たくさんのプラスがあり、記事のクオリティ向上に応じて報酬を上げてもらえることも多いです。

 

特にフィードバックを貰いやすいことは初心者にとって一番のメリットでしょう。

フィードバックを貰うことは高収入を目指す初心者ライターに最も必要です。

依頼者に反省点を指摘してもらうことで効果的に改善することができます。

 

後ほど継続して案件を得る手段として、ツイッターなどを活用してもいいでしょう。

ライターとしてのアカウントを作り日々発信することで、仕事の依頼が直接届く場合もあります。

 

他にも、オウンドメディアなどのWebサイトを訪問して、ライター募集などを探してみるのもひとつの手段です。

あなたが普段見ているサイトでも募集があるかもしれません。

 

直接契約すると仲介手数料が引かれないので、クラウドソーシングに比べて収入が高くなる場合が多いです。

 

そして、WordPressやSEOなどのスキルを身につけることで収入を増やすことも可能です。

 

未経験が月収20万円以上稼ぐための勉強法

 

フィードバック貰うことの他に、一人でできる勉強法もいくつかあります。

 

まずは、書籍や他のライターからの情報収集。(インプット)

Webライターはさまざまなジャンルの記事を執筆することが多いので、色々な知識が役に立ちます。

 

ライターに直接関わってくるのが、文章力、WordPress、そしてSEOです。

文章力はもちろん、WordPressやSEOは身に付けると確実に高収入に繋がるでしょう。

 

依頼者がWordPressやSEOのスキルを求めていることも多く、受けられる案件の幅が広がること間違いなしです。

 

文章:20歳の自分に受けさせたい文章講義 (著者 古賀史健)

 

SEO:沈黙のSEOライティングーWebマーケッター ボーンの激闘ー (著者 松尾茂起)

 

他のライターからの情報も助けになるかもしれません。

 

ライターがツイッターやブログで発信している情報はライターとして仕事する上でとても有益です。

 

必要な能力や仕事の取り組み方は当然のこと、励ましや収益報告からモチベーションに繋がることも。

 

独学では精神的にきつかったり効率が悪かったりすることがありますが、ライター仲間ができると、改善したりライティングがより楽しくなることもあります。

 

2020年7月1日、ライターという職業のニーズが増えたことによりライター専門誌が創刊されました。

 

必要な知識や仕事オファー情報、フリーライターに役立つ情報が集められているそうです。

ライター初心者にはかなり役立つのではないでしょうか。

 

株式会社イージーゴー「ライターマガジン」

 

そして、ブログでの情報発信です。(アウトプット)

 

ブログはライターの成長を大幅に促進してくれます。

文章力やWordPress、SEOの勉強に加え実績にもなるので、高収入ライターを志す人はブログをやらない手はありません。

 

特にSEOの勉強には最適です。実際に試行錯誤することができ、うまくいった場合にはセールスポイントにもなります。

 

また、ブログの記事で執筆力を判断してもらったり、アクセスを増やすことに成功した場合には実績にもなったりするので、全力で取り組みましょう。

 

最短でWebライターになるためにはひたすらフィードバックをもらってとにかく文章を書くことに慣れること

 

ライターとして成長するのに記事をたくさん書くことも大切です。

 

やはり上達には数をこなすことも必要で、ライティングに関しても当てはまります。

 

しかし闇雲に執筆しては効果半減です。

 

ひとつひとつ上達を意識し、フィードバックを貰い、確実に成長しましょう。

 

フィードバックを貰うことで自分の長所や短所、そして依頼者が求めていることなどがよくわかります。

 

実は、自分が考えた記事を客観的に見ることは意外と難しく、実際に他者に読んでもらうことは執筆力を上げるのに大きな助けとなります。

 

独学では特に、勘違いや意図せずに間違えているところに気づきにくいので、クライアントから積極的にフィードバックを貰い問題点を改善しましょう。

 

『執筆し、改善』を繰り返すことで確実な成長を。

 

まとめ

冒頭で説明した通りライターは未経験からでも月収20万円稼げます。

それは裏技でもなんでもなく『自分に、ライターとして20万円貰える価値をつける』ということです。

 

しかし、決して難しい話ではありません。

 

1日に1万円稼ぐことができたら、20日ほどで達成できるのです。

 

文字単価が2円の記事であれば、1日に5,000文字です。

 

そう考えるとできそうな気がしてきますよね。

 

実際にできるのです。

こうなったらやらない手はありません。

 

ライターは一歩踏み出すことが大切です。

これを読んでやる気になったのであれば、今すぐに挑戦してみましょう。

Please rate this

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ハッキングログ~人生をハッキングする~

ハッキングログ~人生をハッキングする~

機械学習やプログラミング、副業の情報発信メディアです。 人生を豊かにするための情報を発信していきます。

CTR IMG