注目キーワード
  1. 機械学習
  2. プログラミング
  3. 副業
NO IMAGE

ブログ記事がインデックスされない原因は?内部リンクを最適化してブログを強くする5つのコツ

ブログを作りたての頃はアクセスが全くなく不安になる毎日ですよね。

 

さらに自分のブログをグーグルの検索エンジンを使って検索した時にWebページがインデックスされていなくて焦った方も中にはいるでしょう。

 

「ブログを更新しても更新してもインデックスされないのはなんで?」

「本当にブログにアクセスが集まってくるの?」

 

と不安になればなるほど手も止まってしまい、ブログを更新するのを辞めてしまいますよね。

 

ではどうしてブログ記事が自分のだけインデックスされないのでしょうか?

 

今回はブログ記事がインデックスされない原因と解決方法、効率的にブログを強くするための方法について紹介していきます。

 

 

こんな悩みの方におすすめ

・早くインデックスされてブログを強くしたい

・インデックスされない原因と改善方法を知りたい

・Googleという検索エンジンの中の仕組みを理解したい

 

このような悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃいます。

 

なので今回はどうしてインデックスされないのかという問題を解決する方法をお伝えしてよりブログが強くなるための戦略やポイントについて紹介していきます。

 

インデックスの仕組みを理解していますか?

まずインデックスされない原因を突き詰める前にどうして私たちが検索エンジンを使えてウェブサイトが上位表示できているのか仕組みを理解していますか?

 

まずはブログで収益化するためにも検索エンジンの仕組みや専門用語について理解しておきましょう。

インデックスとは

インデックスとはページが検索エンジンのデーターベースに分類・記録されている状態のことをSEO用語で「インデックスされている」と言います。

 

データベースに格納されているから検索された際にその情報を出してユーザーに検索結果ととしてまとめて表示しているのです。

 

なのでインデックスされていないページというのはデータベースにないということなのでいつまでたっても検索結果として表示されることがありません。

 

あなたが一生懸命に書いた記事でもインデックスされていなければデータベースにないので表示されることがありません。

 

特に新規ドメインの場合で公開されたばかりの記事はクローラーがブログに訪れるタイミングが少ないので中々、ウェブ上に表現することができないので根気よく待つことが大事になってきます。

 

クローラーとは

そして検索エンジンはウェブのクローラーというロボットを使って私たちのブログやサイトを循環しています。

 

この循環のことをクローラーと言います。

 

新しい記事を執筆したり、ページを追記した場合にももう一度クローラーが回ってきます。

 

クローラーはWebページのリンクを辿って巡回しているので信頼のあるサイトやブログが外部リンクを出していればすごい勢いでブログが育っていきます。

 

リンクジュースとは

外部サイトのページにリンクを貼るとそのページが持っている価値の一部がリンク先のページ先に与えられることをリンクジュースと呼びます。

 

例えば外部サイトのページが自分のサイトのページにリンクを貼るということはリンク先のページを支持しているという考えをアルゴリズムであります。

 

このリンクジュースを獲得することが被リンクを獲得することです。

 

質の高い外部のウェブサイトから被リンクを獲得するためには専門性や独自性があり、信頼されていてユーザーにとって有益なウェブサイトからのリンクジュースを受けるとグーグルの評価が上がっていきます。

 

まずはウェブの基礎知識を知っておいてインデックスされない原因を探っていきましょう。

 

Googleにブログ記事がインデックスされない原因は?

Googleにブログの記事がインデックスされない理由は単純にブログがまだ信頼されていないからです。

 

インデックスされない理由は以下の理由があります。

 

・新規ドメインのため

・何かしらの原因でペナルティを受けているため

・質の低い記事や重複コンテンツが多いため

・ページ同士が繋がっていないため

・サイトマップが用意されていないため

・canonicalタグで設定しているため

・noindexタグで設定しているため

などの理由があります。

 

それでは1つずつブログ記事がインデックスされない原因について見ていきましょう。

 

新規ドメインのため

取得したばかりの新規ドメインで新しいブログを立ち上げた時に思うと思いますが、全くアクセスが来ないですし、驚くほどインデックスされません。

 

これは新規ドメインのインデックススピードが遅いためです。

 

ですが落ち込むことはありません。

 

定期的に記事を更新しておけばインデックススピードが上がるので上位表示されやすくなります。

 

新規ドメインが既存サイトのようにインデックスされるスピードは3ヶ月と言われています。

 

なので3ヶ月はアクセスがなくても耐えてブログを更新し続けましょう。

 

何かしらの原因でペナルティを受けているため

そして他にもインデックスされない原因として何かしらペナルティを受けているブログや記事はインデックスされません。

 

例えば被リンクが大量に集まって故意的に上位表示しようとしているサイトやコピペで作られたような品質の低い記事はインデックスされません。

 

質の低い記事や重複コンテンツが多いため

先ほども話しましたが質の低い記事や重複コンテンツが多いブログはインデックスされないので注意が必要です。

 

質の低い記事というのは上位表示をつなぎ合わせた記事や文字数が少ない記事、コピペで作られたような記事は質が低い記事とみなされているので注意が必要です。

 

ページ同士が繋がっていないため

また内部リンクが一切なく、ページが繋がっていないブログはクローラーがインデックス判定をしてくれない可能性があります。

 

例えば関連記事などはある程度内部リンクを入れてあげてブログ全体を回遊できるようにしておきましょう。

 

サイトマップが用意されていないため

サイトマップのページを用意しておくとサイト内にあるページを一覧することができますが、サイトマップがないとページが孤立しがちになってしまうので上手くインデックスされないようなページもあります。

 

クローラーがブログの記事を見つけやすいようにサイトマップは設置するようにしましょう。

 

グーグルのクローラーがウェブサイトを回りやすくしておきましょう。

 

Canonicalタグで設定しているため

Canonicalタグは重複コンテンツがあった場合、それらのページを統一化させるタグになります。

 

Canonicalタグの設定が間違っているとクロールされずにインデックスされないことが起こるので注意が必要です。

 

noindex設定されているため

また設定を間違っているのはcanonicalだけではありません。

 

ワードプレスのプラグインのせいでnoindex設定されている場合もインデックスされない可能性がありますので注意が必要です。

 

普通の設定であればインデックスされる設定になっていますがmetaタグにnoindexが入ってしまうとGoogleに「検索結果に表示しない」という命令になります。

 

なので実際にプラグインが理由noindexタグが入ってしまい、インデックスされないのも私もありましたので注意しましょう。

 

最も早くインデックスしてもらうには

では新規ドメインでも早くインデックスしてもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

最も早い方法はサーチコンソールでインデックス登録してリクエスト申請をすることです。

 

サーチコンソールでインデックス登録してリクエスト申請をする

よくツイッターのアフィリエイターの方はこの作業のことを「フェッチする」と言っています。

 

これは旧サチコの機能である「Fetch as Google」が登録すればすぐにインデックスされる機能だったことからこの作業をフェッチするというようになりました。

 

サーチコンソールができることは他にもたくさんあります。

 

・ページのクリック数の確認

・クリック率や掲載順位の確認

・サイトに訪れているクエリ(ユーザーが検索時に入力する単語)の確認

 

などを見ることができるのでデータ分析をしっかりとしてリライトにつなげるためにはサーチコンソールは重要なものになります。

 

ではインデックス登録して申請する方法はどのようにして行えば良いのでしょうか?

 

インデックス登録してリクエスト申請する方法
ステップ1 インデックスしたいURLをコピーする


ステップ2 サーチコンソールにログインする


ステップ3 ▼を押して該当サイトを選択する


ステップ4 コピーしておいた公開済みの記事のURLwo登録ウィンドウに貼り付ける


ステップ5 「URLはGoogleに登録されています」という文字が出るのでクリックする


ステップ6「公開URLがインデックスに登録可能かどうかをテストする」という表示が出るので待つ


ステップ7「インデックス登録をリクエスト済み」という表示に変わるのでOKをクリックする

 

 

この作業でインデックス登録をリクエストできるので「インデックスされないな〜」と思っている記事はどんどんリクエストしていきましょう。

 

インデックスを早めるためには内部リンクを最適化する

ブログやサイトは記事を定期的に更新していればインデックスされるスピードが上がってきます。

 

そしてインデックスを早めるためには内部リンクを最適化する必要があります。

 

内部リンクを最適化する理由

内部リンクを最適化する理由はクローラーがブログ内を巡回して自分の見たいページを発見しやすくするためです。

 

ディレクトリや内部リンクを簡潔にまとめて分かりやすくすることによって見たい情報にすぐに行き着くことができます。

 

・クローラーの巡回を促進する

・クローラーにページの内容を理解してもらう

・重要なページを評価してもらうことができる

・ユーザービリティの向上に繋がる

などの効果をえることができます。

 

そのためにもコンテンツ内に関連記事や誘導したい記事は積極的に設置するようにしましょう。

 

インデックスが早いブログの6つの特徴

ではインデックスが早いブログとはどのようなものがあるのでしょうか?

 

それぞれインデックスが早いブログの特徴についてまとめてみました。

 

・信頼できるサイトから外部リンクが多い

・記事の更新頻度が高い

・ブログが整理されていて分かりやすい

・表示スピードが早い

・見出しタグが適切に使われている

・適切な内部リンクが張られている

などの特徴があります。

 

ではもう少し深掘りしてみていきましょう。

 

信頼できるサイトから外部リンクが多い

外部リンクからリンクジュースを受け取るのはインデックスを促進するためには必要不可欠です。

 

昔のSEO対策は外部リンクの影響が強かったので自作自演のリンクを大量に作ってリンクを貼るだけで多くのWebページを上位表示することができました。

 

大型アップデートでペナルティーになりやすくなりましたが外部リンクはインデックスを促進してGoogleから評価をもらうためにも重要なファクターとなります。

 

アクセスが高いブログやサイトほど信頼できるサイトから外部リンクをもらっているのでインデックス促進がとても早いですし、上位表示しやすいという特徴があります。

 

記事の更新頻度が高い

新規ドメインでもインデックスが早いサイトやブログの特徴として記事の更新頻度が高いという共通点があります。

 

更新頻度が高いとクローラーも「このブログは更新頻度が高いな!」と気づいてくれて頻繁にインデックスしてくれるようになります。

 

そしてこの更新頻度の高さはGoogleで上位表示するための1つの評価ともなります。

 

なので副業でブログを更新されている方はまずは目標として毎日1記事をいれていくことを頑張っていきましょう。

 

毎日1記事更新していけば半年後にはインデックスも早くなりますし、上位表示されやすくもなっています。

 

最初は大変かもしれませんが毎日1記事更新を目指して習慣化していきましょう。

 

ブロブが整理されていて分かりやすい

3つ目の特徴としてブログが整理されていて分かりやすいというのがあります。

 

例えば

・カテゴリー別に記事が分類されている。

・パンくずリストが分かりやすい

・サイトマップやナビゲーションページなどが作られている

 

このようにブログが整理されているとユーザーだけではなくクローラーもしっかりと記事をチェックしてくれるのでインデックスされるのが早くなります。

 

表示スピードが早い

インデックスが早いブログの特徴として表示スピードが早いというのがあります。

 

これはインデックスに影響するだけではなくて検索順位にも大きく影響しています。

 

表示スピードが早いことによってUX(ユーザー・エクスペリエンス)の工場がされてサーバーの負担を減らすことができるなど大きなメリットがあるからです。

 

そして表示が遅れるごとにコンバージョン率が下がり、顧客満足度が大幅に低下するというのが研究データからわかっているためです。

 

表示に3秒以上かかるページは40%以上のユーザーが離脱してしまうので表示速度を軽くするために画像を圧縮するプラグインを入れたりキャッシュをクリアにしておきましょう。

 

見出しタグが適切に使われている

またインデックスを早いブログは見出しタグであるh1,h3,h4が適切に使われていることがわかります。

 

クローラーはロボットなので見出しタグが適切に使われているとページをスムーズに認識することができます。

 

なので必ずh2,h3,h4の見出しタグはルール通りに使うことをお勧めします。

 

適切な内部リンクが張られている

そして先ほども話しましたが内部リンクが最適化されているブログはやはりインデックススピードが早いですし、回遊されているので離脱率が少ないです。

 

アクセスアップにも繋がり、Googleから評価されやすくなるので適切な内部リンクを積極的に記事に入れておくようにしましょう。

 

ウェブサイトの構造を最適化してインデックスを早めるポイント

ウェブサイトの構造を最適化してインデックスを早めるためにはクローラビリティを高める必要があります。

 

クローラビリティとはクローラーがどれだけクロールしやすい構造になっているのかということであり、クロールしやすい構造になっていれば情報をきちんと読み取ってくれるので検索順位に大きく影響してきます。

 

そのためにも以下の方法でクローラビリティを高めることをお勧めします。

 

・コンテンツはカテゴリーごとに分ける

・サイトマップやナビゲーションページを用意する

・画像を圧縮する

・読み込みファイルを少なくする

これらの施策を1つ1つ行っていくだけで今までのブログやサイトと見違えるほど見やすくなりアクセスが増えてきます。

 

では1つ1つ具体的に見ていきましょう。

 

コンテンツはカテゴリーごとに分ける

まずはコンテンツはカテゴリーごとに分けるようにしましょう。

 

例えば転職の特価サイトを運営している場合でも「30代 転職」、「20代 転職」、「40代 転職」と分けましょう。

 

またプログラミングであれば言語ごとに分けたり、プログラマーに転職する方法などカテゴリーごとに分けるとユーザーも見やすくなります。

 

サイトマップやナビゲーションページを用意する

サイトマップやナビゲーションページを用意しておくとクローラーだけではなくてユーザーも手がかりにして関連記事を読んでくれます。

 

なのである程度大きなブログになりそうな時はサイトマップやナビゲーションページを設置するようにしましょう。

 

画像を圧縮する

そして表示速度をあげるためにもブログ自体のファイルの容量を減らす必要があります。

 

なのでワードプレスでブログやサイトを更新している方は画像を圧縮するプラグインをインストールしてブログに負担をかけないようにしましょう。

 

読み込みファイルを少なくする

またJavaScriptライブラリやプラグインの読み込みは見た目はオシャレになったり便利になりますが、どんどんブログやサイトが重くなってきてしまいます。

 

なので別ファイルに読み込まなくても実装できるファ藺ルは直接コードに記入していきましょう。

 

まとめ

今回の記事のまとめ

・インデックスを早めるためには定期的にブログを更新する

・まずはインデックス登録をリクエストしてインデックスを早める

・内部リンクを最適化して回遊できるようにするとインデックスが早まるのでお勧め

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はインデックスが早まる方法について紹介してきました。

 

せっかく書いた記事がワードプレスのプラグインが原因だったり何か設定を間違えていていつまでたってもインデックス登録されていないと不安になってしまいますよね。

 

まずはサーチコンソールを見て何が悪いのか確認してからインデックス登録申請を行ったり、とにかく手を休めずに記事を更新し続けましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ハッキングログ~人生をハッキングする~

ハッキングログ~人生をハッキングする~

機械学習やプログラミング、副業の情報発信メディアです。 人生を豊かにするための情報を発信していきます。

CTR IMG